ベニヒワを撮影して適当に切り上げると帰りがけにウソに出会った。
どうやらアカウソの群のよう。雌が舞いました。
おッ!
P2113329ウソweb

はッ!
P2113330ウソweb


よッ!
P2113337ウソ♀


うッ!
P2113338ウソ♀

雄の画像
P2111359赤ウソweb

ベニヒワは北海道で野付半島の最先端の雪原の中でも街中でも何回か見た。
忘れることが多くなってきた今日この頃。それでも覚えていることはあるのです。
それは
雪面にいた大群が一斉に空を舞うベニヒワの姿!
さて年寄りは新型コロナウイルス感染リスク大なので出かけない方が良い。(分かってます)
なのに東京の公園に現われた物珍しさ、その誘惑に負けた。
それもなんと休日、いやはや多くの人!
三脚と人で一杯、身動きが取れない混雑さ。
見えたとの声に衰えてきた眼を凝す。離れた高い木々の中に動く鳥影がチラリ。
枝々が重なる中にベニヒワが見える小窓を見つけた。ラッキー!
頭を少しでも動かすとダメ。これは全くの覗き屋趣味だ(笑)
こんな感じ

P2110935Mベニヒワweb

小さすぎて良く見えません?But大きくしたくないのです。枝被りのボロが・・・
仕方ありません、拡大しましょ。ほら!
P2110935ベニヒワweb

この木なんの木、なんの実? ♪♪♪ ハン(榛)の木、ハンの実さ! ♪♪♪
黒っぽい小さな松ぼっくりのようなのが実、だらしなく長く垂れ下がっているのが雄花、雌花は雄花の根本にある小さな赤っぽい芽のような形のもの、11月から4月頃まで咲く変わってる奴。(はい、全て受け売り)
ついでです。以下、拡大画像2枚
P2110975web

P2111061web

運が悪いと移動、今度こそはと・・・やっぱり枝被りやぁ
P2112402web

ならばと被りをできるだけ避けて思いきり拡大、
なんとボロボロ食べこぼしているのがバレバレ。
P2112402Lベニヒワweb

これにて早々と退散!

独りごとと共に写真を添付します。

1.この広々感!

  IMG_20200120_132843渡良瀬web
2.メンバーの「見逃さないぞ!」の雄姿

  IMG_20200122_093802web

3.コハクチョウ(小白鳥)

 ① 雪山バックにtwitter「この景色、お気に入り!」

P1200364コハクチョウweb

 ② 「お腹も一杯。ゆったりと人間観察中!」

P1200443コハクチョウ2web

4.アメリカコハクチョウ
  嘴の黄色い部分が細いかほとんど目立たないのが特徴  

P1200725アメリカコハクチョウweb

5.コチドリ若(小千鳥)

  若くてもたまには羽を延ばしたい!

P1200665コチドリJweb

6.ケリ(鳬)

  正月にタコ凧が上がっていた。でもケリ凧の方がいい!

  画像ボケてる。ウデではなく陽炎(言い訳がましい)

P1201045ケリweb

7.ミコアイサ(神子愛沙)

  白き身も飛びて黒帯目立つ神子

P1200448合成ミコアイサweb

8.ベニマシコ

  ①景色になるぞ!とシャッター押せど「やっぱりダメだ~」

P1201169ベニマシコweb

  ②七、八の草の実あれども秋楡の実の多くあればうれしい(なんじゃこれ?)

P1201226ベニマシコweb

9.ノスリ(鵟)

  景色に見とれて探鳥を忘れ・・・居た!

P1201789ノスリweb
10.ハイイロチュウヒ♀とチュウヒのバトル
  激しい戦いにしばし撮影を忘れ、やっと撮影  
P1201657チュウヒweb
11.チュウヒ
  獲物を狙う鋭い顔   
P1201765チュウヒ雄web
12.ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟)

  「出た!」の声に振り返り、シャッター押せどすでに米粒大!

   P1201478ハイイロチュウヒAweb

   むりやり部分拡大(2枚目)

   ハイチュウ笑う「また、お出で!」

P1201478ハイイロチュウヒ2web
13.夕焼け小焼け

   さようなら、また来るよ!

IMG_20200129_144253web




↑このページのトップヘ